FANDOM


Star Wars: The Old RepublicはBioWare社が開発・運営するMMORPG(多人数参加型オンラインRPG)です。タイトルの通りスターウォーズの世界を舞台としており、同社が以前に発売したRPG「Star Wars: Knight of the Old Republic」(日本未発売)と地続きの内容になっています。またフルボイス(英語)の会話シーンや会話の選択肢によってNPCの好感度が変化するシステムなど、ゲームシステム的にもBioWare社のお家柄とも言えるシステムが多数搭載されています。MMORPGにしてはストーリー性が強く、ゲームの進行がチャプター分けされているのも大きな特徴。

発売当初はパッケージ販売・月額課金制の料金モデルでしたが、2012年冬にFree To Play(基本無料型)の料金モデルに移行しました。そのため現在ではアカウント取得用のメールアドレスとそれなりのグラボさえあれば誰でもプレイ出来るという非常に手軽なゲームになっています。日本語化はされていないのでどうしてもある程度の英語力は必要になりますが、スターウォーズの世界が基本無料で楽しめるというのはとても魅力的です。スターウォーズファンで(もちろんファンでなくてもOKですが)英語に抵抗のない方は是非プレイしてみましょう。